うどと野菜のお話

 
■うどについて
うどはウコギ科の多年性植物で比較的冷涼な気候を好みます。
同じ科にタラノキがありますが、うどは寒さに会うと地上部が枯れてしまいます。
うど栽培は根株養成と軟化に分けられます。
 
根株養成 軟化に備えて太い貯蔵根と大きな芽を養成する。
株分けした根を春畑に植え付け、秋地上部が枯れたら掘り取る。
軟化 いわゆる萌やしである。室やビニールハウスの中で遮光して萌芽させる。軟白した茎葉部を食用にする。
当園では標高約600mの圃場で根株養成しました。12月初めに掘り取り、ビニールハウスの中で山うど風に軟化します。例年2月初めより収穫できます。

2011年 当農園販売予定品目

販売月 品目
2月 中旬 山うど
3月 上旬 アスパラ
5月 中旬 ダイコン
6月 下旬 にんじん
じゃがいも
にんにく
6月 下旬 玉ねぎ
なす
キュウリ
7月 上旬 茎ブロッコリー
ピーマン
オクラ
8月 上旬 スイカ
8月 下旬 かぼちゃ
9月 上旬 長ネギ
※終了次第、各品目に告知いたします


トップ | 新着情報 | ご案内 | 交通案内 | 斉藤農園掲示板 | リンク集
しいたけの話 | しいたけの出来るまで | しいたけ料理
うどと野菜のお話 | 花木のお話 | オンラインショッピング
メール・お問い合わせ
Copyright(C) 2000-2004 Saitou Nouen.